パスワードの賢い作成方法

パスワードの賢い作成方法

ブログやFacebook、ツイッターなどのSNSや、web上の色々なツールやサービスを利用していると、IDやパスワードを決めないといけない機会が多いですよね?

IDはユーザー名やハンドル名になったりするので適当に決めれなかったり、サービスによってはメールアドレスがIDになるところもあります。

ただ、パスワードについては、IDと違ってなるべく複雑な文字列にしないといけないですね。

そんな時、あなたはどうやってパスワードを決めていますか?
毎回同じパスワードにしている方も多いのではないでしょうか。

毎回同じパスワードにしている方の理由としては、「忘れにくいから。」とか「毎回見ながらパスワードを入力するのが面倒だから」といった理由ではないでしょうか。

ただ、パスワードはとても大切なので忘れにくいようにしないといけないですが、忘れることよりももっと注意すべきことがあります。

それは、パスワードがバレ易いかどうかです。

バレ易いパスワードは本当に危険なので注意したいところです。

例えば、忘れることについての予防としては、パソコンもしくはスマートフォンなどの別デバイスにコピペしておけば防げますよね。
※パソコンやスマートフォンだと不安な場合もありますので、その場合は紙などにメモればもっと安全に管理することができると思います。

それに今では次回からの入力が省けるログイン画面も多いはずです。

ですので、パスワードを忘れることよりもバレ易い方が危険だと思います。
ましてや、毎回同じパスワードにするのはもっと危険です。
一度バレた場合、他に登録しているサービスやツールなども悪用される可能性がありますので。

また、パスワードを忘れにくいように、名前や生年月日、電話番号などにしている方も多いのではないでしょうか?

今の時代、かなり個人情報が洩れていると思います。

名前や電話番号、住所、生年月日など・・よく携帯に営業電話もかかってきますよね!?
知らない人なのに、名前や電話番号、住所、年齢を知っていたので、「どこで調べたのですか?」と確認すると「リスト屋から買いましたよ。」と言われる時代・・怖いですね。

ですので、そういったあなたに関連した英数字だと、簡単に見破られる可能性もあります。

では、私はと言いますと、毎回パスワード自動生成ツールでパスワードを作成しています。

こういったサイトです↓

LUFTTOOLS パスワード生成(パスワード作成)ツール

強度、文字の種類、文字数、生成個数などが決めれます。
似通った英数字を省いたり、特定の文字数以内の場合に同じ文字を2回以上使わない設定などもあります。

Password Generator

文字の種類、文字数、生成個数、強度、乱数生成器などが決めれます。

とても便利ですよね!

本当にこういった便利なツールを無償で提供してくるのは有難いですね。

パスワード自動生成とかで検索すると、他にもたくさん似たようなサイトがありますので、使いやすいサイトを使用すれば良いかと思います。

以上、パスワードの賢い作成方法でした。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。